エキサイトブログの構造

e0223652_033877.png

エキサイトブログってけっこう自由度が高いわりにスキンカスタマイズの解説をしているサイトって極端に少ないような気がします。



運営でもHTML・CSSに関してのサポートはしてないし、そもそもマニュアルらしいものもないし・・・

でも、管理画面がシンプルで記事投稿しやすいし、公式スキンもシンプルで上品なものが多いし、メンテナンスや不具合も他の無料ブログと較べたら少ないほうなので個人的にはお気に入りの無料ブログです。

そんなエキサイトブログ・・・ 人気があるのかないのかイマイチわかんないのですが、ウチのブログの検索結果からの訪問者をみるとアメブロがらみばっかりです。エキブロがアメブロより検索に引っかかりやすいので、あまたあるアカスタマイズねたを取り扱っているアメブロを差し置いてウチのブログが上位表示されちゃうんで当然ですけど(アメブロはどちらかというとSEO対策しにくいブログです)、エキブロがらみで検索してくる人ってほとんどいないのをみると、エキブロってユーザー数自体が少ないのか?あるいは公式スキンをそのまま使っている人が多いんでしょうか? ちょっと解りません。

そんなわけで、需要があるかどうかわかんないですけど、

「オリジナルなスキンを自分で作ってみたい」
「でもスタイルシートやHTMLタグのことなんかわかんない」

って人のために

「ラクしてエキサイトブログをカッコよくする」記事をシリーズ化して投稿していきます。

まずは、基本的なエキサイトブログのHTMLの構造から・・・
<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" xmlns:og="http://ogp.me/ns#" xmlns:mixi="http://mixi-platform.com/ns#">
<head>
サイトの情報を記述する部分(エキサイトブログでは変更不可)
</head>
<body>
サイトの表示を記述する部分(エキサイトブログではスキンによって編集可能)
</body>
</html>
WEBサイトのページの構造は上のように

・まずはページの文書宣言(1~2行目)
・head部分(ページの情報を記述)
・body部分(ページの内容を記述)

エキサイトブログのスキンでユーザーが変更できるのは「body」部分だけです(bodyタグ自体は変更できません)。

いじれるのが「body」部分だけっていってもエキブロはHTML・CSSの両方がカスタマイズできるのでほぼ思い通りにオリジナルデザインにすることが可能です。
ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by killingmoon581 | 2012-02-29 00:58 | エキサイトブログ最初の一歩
<< レイアウトの選択 エキサイトブログでも使えるアク... >>
LINK LINK LINK LINK LINK

Page Top