カテゴリ:CMS( 6 )

XOOPSで作成されたサイト

e0223652_136157.jpg


XOOPSってのはWEBサイトを構築するためのツールで私も使ってます。

広い意味ではエキサイトブログなどの無料ブログもCMSと言えなくはないですが一般的にはWordpressやMovableTypeといったサーバにインストールするタイプのCMSが有名です。

で、XOOPSで作成されているサイトを紹介します。
XOOPSで作られているサイトまとめ

発見!実はXOOPSで作られてるすごいサイト



衆議院議員の石破さんのサイト。

現首相の安倍ちゃんも以前はXOOPSを使っていました(XOOPS→Plone→Wordpress)が、政治家のHPでしばしばXOOPSが使われています。

コンテンツ作成モジュールのPicoを中心にサイトを構築してます。




フォトグラファーのブックと求人情報、フォトカルチャーの最新情報が同時に見られる写真専門のウェブサイトです。

フォトアルバム系のモジュールなどを使っています。




東北大学附属図書館のホームページです。

デザインはXOOPSっぽいつくりです。




アンテナサイトもXOOPSで作れます。

このサイトはRSS-Centerっていうモジュールを使っています。



XOOPSらしいフォーラムモジュールを使ったサイトです。




注 18禁サイトです

18禁サイトですが、画像アルバムモジュールとXOOPSのユーザー権限を上手く使ってます。


[PR]
by killingmoon581 | 2013-06-01 01:55 | CMS

PetitCMSをUTF-8化してみる

こちらの記事でも紹介したDBを使わない国産CMS「PetitCMS」

「帰宅する部活」っていうHPを運営している方が開発しためっちゃシンプルなCMSなんですけど、開発もサポートも終了しているみたいです。サポートBBSもスパムだらけでいつしかサーバエラーになっちゃってます。

このCMSのどこが気に入っているか?というと・・・

・データベースを使ってないのでロリポップなどの格安レンタルサーバにも設置可能(PHPが使えなきゃダメだけどね)

・静的なページを生成するので動作が軽い

ページを作成する毎に「再構築」っていう儀式は必要なんだけどサクサク動作します。

ブログのように数千ページのコンテンツを管理するにはちょっと荷が重いかもしれませんが数十ページのHPなら余裕です。

・2階層までカテゴリーを管理できる

メニュー形式で2階層までカテゴリーが管理できます。

・テンプレート機能でCSS・HTMLをフルビルドできる

スマートフォン・ケータイには対応していませんが、テンプレートをフルカスタマイズできます。

レスポンシブルデザインのテンプレートを用意すればモチロンスマホ・タブレットにも対応できます。

・アクセス解析、メールフォーム、掲示板機能

デフォルトでこれらの機能がついてます。

1.文字コードを「EUC-JP」から「UTF-8」に変換する


文字コード変換ユーティリティーを使ってサクッと変換します。

KanjiTranslator」などを使って文字コードをUTF-8に変換します。

e0223652_11294133.jpg

解凍したPetitCMSのフォルダをD&Dして

文字コード「UTF-8(BOM無し)」
改行コード「LF」

に設定して変換ボタンをクリックするとあっという間に変換されます。

2.ファイルの書き換え


GREP機能があるユーティリティーで該当部分を書き換えします。

UnEditorをインストールすると使えるようになる「YokkaGrep」っていうユーティリティーを使ってます。

e0223652_11364579.jpg

ファイル郡のなかの「euc-jp」を「utf-8」に書き換えます。

文字列書き換えが済んだファイルをアップロードすればPetitCMSをUFT-8で運用することができます。
[PR]
by killingmoon581 | 2013-05-25 11:42 | CMS

XOOPSのスマートフォン対応

e0223652_20382844.jpg

XOOPSって意外と簡単にスマートフォンに対応できます。

More
[PR]
by killingmoon581 | 2012-01-16 20:57 | CMS

データベースを必要としない国産CMS「PetitCMS」の紹介

e0223652_22242842.gifせっかくレンタルサーバ「ロリポップ」と契約したので使えそうなCMSをイジイジしてます。


続きを読む
[PR]
by killingmoon581 | 2011-12-11 22:41 | CMS

デフォだとMODxの「eForm」がうまく機能しない・・・

インストール時に「サンプルサイトをインストールする」を選択するとMODxの基本的な機能が(一応)解ります。

で、悩んだのが「eForm」の「問い合わせフォームから受け取るメールの内容」

メール送信のテストをしてもカンジンの名前と内容が送信できてません。

公式サイトのドキュメントとインストしたチャンクをみて修正しときました。

受け取るメールのひな型
eFormは、送信するメールの本文を全自動で組み立てる機能を持っていません。問い合わせ人の名前やメールアドレスなどといった入力情報を、どういう形でメール本文とするかを指定する必要があります。

ウェブサイトの問い合わせフォームからの送信です。
--------------------------------------------------------
お名前 : [+氏名+] さん
Email : [+email+]
件 名 : [+subject+]
内 容 :
[+問い合わせ内容+]
--------------------------------------------------------

上記のように指定します。[+氏名+] は、フォーム側で <input name="氏名" type="text" /> などと記述された個所と自動的に連動します。「email」「subject」は特別な機能を持つシステム固有の名前なので気をつけてください。ただしカスタマイズで変更することもできます。
で、インストされたチャンクを見てみると
ウェブサイトの問い合わせフォームからの送信です。

--------------------------------------------------------
お名前 : [+name+] さん
Email : [+email+]
件 名 : [+subject+]
内 容 :
[+message+]
--------------------------------------------------------
「お名前」と「内容」の部分がちがっとる。

お問合せフォームのチャンクをみてみると
<style type="text/css">
label {display:block;}
label input, select,
label textarea {display:block;margin-top:8px;margin-bottom:15px;}
textarea {width:500px;height:150px;}
div.errors {color:#f00;}
</style>
<p class="error">[+validationmessage+]</p>
<form method="post" action="[~[*id*]~]">
<!-- formパーツのname値でemail/subject/formidの3つだけが特別な値。eform属性は入力必須項目などを設定します -->
<fieldset>
<h3>お問い合わせフォーム(eFormの機能)</h3>
<input name="formid" type="hidden" value="ContactForm" />
<label>お名前
<input name="お名前" class="text" type="text" /> </label>
<label>メールアドレス
<input name="email" class="text" type="text" eform="メールアドレス:email:1" /> </label>
<label>種別</label>
<select name="subject">
<option value="一般的な質問">一般的な質問</option>
<option value="取材申し込み">取材申し込み</option>
<option value="業務提携のご相談">業務提携のご相談</option>
</select>
<label>メッセージ
<textarea name="問い合わせ内容" rows="4" cols="20"></textarea>
</label>
<input type="submit" name="contact" class="button" value="送信する" />
</fieldset>
</form>
nameタグと連動させないと上手くメール送信ができないようなので
ウェブサイトの問い合わせフォームからの送信です。

--------------------------------------------------------
お名前 : [+お名前+] さん
Email : [+email+]
件 名 : [+subject+]
内 容 :
[+問い合わせ内容+]
--------------------------------------------------------
に変更したら正常にメール受信できました。
[PR]
by killingmoon581 | 2011-11-29 22:00 | CMS

MODxをロリポップにインストールしてみる

ロリポップ!」の「チカッパ」プランってやつに今月入ったので、さくっとMODxをインストールしてみました。

ロリポップ!」には・・・

コロリポプラン
ロリポプラン
チカッパプラン

の3種類のプランがありまして、

・コロリポプラン → 容量2GB DB利用不可 月額105円
・ロリポプラン → 容量13GB DB1個使用可 月額263円
・チカッパプラン 容量30GB DB30個使用可 月額525円

「ロリポップ プラン比較表」

他にもいろいろ違いはあるけど、一番安い「コロリポプラン」でもcgiやPHPは使えるのでMovableTypeやPukiWikiなども使えます。「ロリポプラン」ではMySQLが1個使えるんで今流行りのWordPressも一応使えます。

以前(といっても3年以上前)、ワタシはチカッパっていうレンタルサーバと契約してたんですけどチカッパはロリポップの「チカッパプラン」に統合されました。チカッパブログっていうシンプルなブログが使えたのですが今は「ロリポブログ」(中身はJUGEMそのまんま)しか使えません。っていってもロリポップのサブドメインでブログが持てるんで差別化はできてます。

で、DBが30個も使えるんで試しにロリポップにMODxをインストールしてみました。

っていっても凄くカンタンなので拍子抜け・・・ ベータバージョンだった頃にはパーミッションやらなにやら設定する必要があったのにすんなりインストールできました。

まずはロリポップでMySQLのデータベースを作成する

これはロリポップのマニュアルとか見つつさくっと作業してください。

作成したら「データベースホスト」、「データベース名」、「ユーザー名」をメモメモしといてください。ロリポの場合「データベースホスト」が「localhost」じゃないんで注意してください。

PHPの設定をちょこっとチェンジ

MODxを使う場合、「register_globals」はoffにしといたほうがイイそうなのでこれまたサクッと設定してください

FTPでサーバにファイルを転送

っと、その前にMODxのプログラムファイルをDLしてください。

DLページはコチラです

MODxには、「Evolution」・「Revolution」の2つのバージョンがあるんですが、

「Evolution」 → 今までのベータバージョンの正式版。
「Revolution」 → 今までのバージョンを発展的に作った別バージョン

ワタシがインストールしたのは、「Evolution」。ベータバージョンの頃からインターフェイスに慣れているし、WEBの情報も圧倒的に多いので。

DLしたファイルを解凍してマルッとサーバにUPしてくださいませ。

続く・・・
[PR]
by killingmoon581 | 2011-11-29 21:23 | CMS
LINK LINK LINK LINK LINK

Page Top